能 金春流 『道成寺』 シテ 本田光洋 能 宝生流 『杜若 沢辺之舞』 シテ 大坪喜美雄 能 観世流 『吉野天人 天人揃』 シテ 山階彌右衛門 能 喜多流 『安宅』 シテ 粟谷能夫 狂言 大蔵流 『福の神』 シテ 大藏吉次郎 能 金剛流 『邯鄲 藁屋十二段之楽』 シテ 金剛永謹 狂言 和泉流 『梟山伏』 シテ 三宅右近 能 宝生流 『翁』 翁 宝生和英 狂言 大蔵流 『寝音曲』 シテ 善竹十郎 能 金春流 『枕慈童』 シテ 髙橋忍 能 金剛流 『飛雲』 シテ 廣田泰能

当サイトへ掲載している写真にはお貸出し可能のものもございますので、お問い合わせ下さい。

トピックス

能楽フェスティバル2017-2020 第4回 シンポジウム
〜2020東京オリンピック・パラリンピックへ向け、能楽の未来を展望する〜

2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けてのシンポジウム第4弾。
今回は、多角的な議論が交わされた過去開催の総括として、能楽界を代表する演者によるパネルディスカッションを実施致します。

平成31年1月23日(水)開演18:30 会場:国立能楽堂

プログラム
・狂言 和泉流「萩大名」シテ 野村万蔵
・半能 喜多流「絵馬 女体」シテ 香川靖嗣
・パネルディスカッション
 パネリスト 観世清和 宝生和英 観世銕之丞
 司会    野村萬斎

入場料:全席指定 2,020円又は3,000円  *11/9(金)発売開始

詳細はこちらをご覧下さい。


都民芸術フェスティバル参加公演
2019年2月17日(日)第59回式能 於 国立能楽堂

「式能」は、昭和20年の当協会設立後、昭和36年に、当協会最初の公演として行われました。
以降毎年、翁附五番立(江戸時代の基本的番組編成)にて開催しており、本年で59回目を迎えます。
現在、シテ方五流が一同に会する翁附五番立の能楽公演としては、唯一の大変貴重な催しです。
今回はシテ方観世流宗家・観世清和が「翁」を勤めます。

12月14日(金)10時よりチケット発売開始
詳細はこちらをご覧下さい。→<第一部> <第二部>

都民芸術フェスティバル

「能楽体験 教員セミナー」 参加応募受付中

「能楽の魅力を多くの方に知って頂きたい!教育に能楽を!」
教育の場において、未来を担う子供達が自国の伝統文化を知ることは重要です。
先ずは教員の皆様に、能楽の面白さ、奥深さを体験して頂きたいと思います。

多くの教員の方々のご参加をお待ち申し上げております。
応募方法等は各開催会場のご案内ページをご覧下さい。

2018年
横浜セミナー 12月26日(水)横浜能楽堂【神奈川県】
京都セミナー 12月27日(木)金剛能楽堂【京都府】

2019年
大阪セミナー 1月7日(月)大槻能楽堂【大阪府】


重要無形文化財の指定・認定について

平成30年7月20日、文化審議会より、当協会会員、大鼓方高安流 柿原崇志の重要無形文化財保持者追加認定
(各個認定)が、文部科学大臣に答申されました。

詳しくは文化庁HPをご覧下さい。


撮影申請書式改定のお知らせ

この度、申請書式A、及びBにつきまして、体裁等を若干改定致しました。
記入内容に大きな変更はございませんため従来の書式もご使用頂けますが、順次改定版への切り替えを頂けますと幸甚です。

申請書式はこちらよりダウンロード頂けます。


「能楽」英作文コンクール/Nohgaku English Composition Contest

能楽協会主催「能楽フェスティバル2017-2020」
第3回シンポジウム 特別企画
「能楽」「能楽」英作文コンクール

受賞作品を掲載致しました。
詳細はこちらをご覧下さい。

Nohgaku Performers’ Association Special Program for
“The 3rd Symposium ‐ Nohgaku Festival 2017-2020”
Nohgaku English Composition Contest

We have posted the award winning entries on our website.
Please see Award winners' list.


「第57回式能」動画掲載のお知らせ

平成29年2月17日開催「第57回式能」の動画(抜粋)を下記「能楽動画」に掲載致しました。


トピックスアーカイブ

能楽動画

動画アーカイブ

更新情報